趣味でギターの演奏を習いたいんだけど?何が必要?

音楽
この記事は約14分で読めます。

 

初めまして、このブログを書いているピラマです。
来てくれてありがとうございます。
実はギター歴は長いのですがピラマはプロのプレイヤー
ではありません。
ギターが大好きで長らくやってきたわけです。

プロのギタープレイヤーを目指してきたわけでも
ありませんがピラマ自身はギターが趣味で良かったと
おもっています。

ギター教室に通うのもありですが
長く付き合える趣味として自分でやってみるのも
結構楽しいですし、今は昔っと違って
ギターに限らず何でも自分で調べることが楽に
出来るようになりました。

ウエブサイト上でYouTube動画などで色々なアーティストの演奏を
聴いたり観たりできてほんとに良い時代です。
ピラマがギターを始めたころはLPレコードと譜面を
探してきて頑張っていた時代でした。

しかし、ギターを演奏するための基本は昔から
変わってはいません。
ギターに限らず楽器演奏の基本は演奏姿勢が
大事です。
要は形から入るみたいな感じです。
ギターを用意したら練習や演奏するための
環境も準備しください。
正しい姿勢で練習するのが上達の近道です。
そのためには譜面台、椅子、足台は必ず必要です。

また、ギターは音程の狂いやすい楽器なので
ギターチューナーも必需品なのです。
それと、あったら便利なものについても
書いてみました。


1.ギターを習うために必要なものは?【必ず必要】

1-1自分に合った弾きやすいギター

 

  • できるだけ上等なギターを購入したいところですが上を見たらきりがありません。

  • 予算があれば良いのですが初めは練習用なので高価なものは必要ありません。
    練習用であれば3万円以下で良いと思います。

  • ただし、あまり安いものは粗悪品である可能性がありますので
    さけたほうがいいかも。

  • ヤフオクなどに出品されている中古ギターで 掘り出しものがあったりしますが
     初心者でしたら普通の楽器屋さんがおすすめです。楽器屋さんのスタッフさんと
     仲良くしておいた方が色々な面で助けてくれるかも。
  • ピラマのギター選定基準は見た目のデザインがシンプルで自分の体に合っている。
    ただし、自分は手が小さいからとかの理由でミニギターを選ぶのは
    避けた方が無難です。上達の妨げになります。
    かなり上達してから旅行のお供やお遊びで弾く分にはいいかも。

  • フレット(音階線)が丁寧に打ち込まれてネック(棹)が曲がったり、反ったり
    していないもの。

  • 特に重要なのが『フレット音痴』なギターは避けなくてはいけません。

  『フレット音痴』はギター初心者には知られていない言葉ですが
     簡単に言えば安価な適当に作られたものです。
   先にふれたデザインや見た目に騙されてしまいそうですが
   気をつけてくださいね。

  • 開放弦やローコードでの音程は合っているのにハイポジションを押弦すると
    音程がおかしいギターのことです。
    少し演奏が上達するとハイポジションの10フレットや12フレットを
    押弦する場面が増えてきますが “なんか音程に違和感あるなあ”
    “チューニングOKなのになんで?”って思ったら『フレット音痴』ですよ。


  • 『フレット音痴』なギターを避ければ安心です。
     楽器屋さんに行ったらスタッフさんに

   【予算は限られているけど、フレット音痴なギターは嫌です】  
   って言っててみてくださいね。たぶんスタッフさんは真剣にに対応してくれるはず。
   このお客さんはあなどれないぞって思われます。

  • ギターチューナーで『フレット音痴』がないか調べてもらおう。

  • 1~6の開放弦の音程とその12フレット音程に狂いがなければ完璧です。
    正確には各開放弦の音程と各12フレットを押弦した場合の音程が合っていることです。

  • ただし、ギターは12旋律音階で作られているので純旋律に完全に調律するのは無理が
    あります。微妙に調整可能な移動フレットをセットするやり方もありますが
    普通にギターを楽しむ分にはピラマはあまり気にしていません。


1-2譜面台、足台、椅子を用意して正しい姿勢で練習

 

  • どんな楽器でも姿勢や形から入るのがその楽器をマスターする近道です。
    正しい演奏姿勢をキープするには譜面台、足台、椅子は必須アイテムです。

  • スポーツでも剣道や空手、柔道などでも型が全ての基本になります。
    もちろん、他のピアノやバイオリン、フルートなど全般に演奏姿勢が
    決まっています。

  • 譜面台、足台、椅子は自分の体に合ったものやアジャスト出来るものを用意しましょう。
譜面台、足台、椅子

譜面台、足台、椅子

 

       譜面台も椅子も千円くらいで購入できますし、足台は代用品で
       雑誌を重ねたりアイロンの木箱でもかまいません。

  • エレキギターやアコースティックギターの肩掛けストラップによる
    立姿勢は椅子掛け座り姿勢で練習をしてからの方が良いと思います。
    立姿勢での演奏は初心者には結構難しいです。

  • 下の写真は肩掛けストラップ、アコギでピックを使った演奏法のものです。
    正しい座り姿勢に慣れてから自分が弾きやすい長さにストラップを
    調整してからチャレンジしてみて下さい。

 

肩掛けストラップーアコギの立スタイル

肩掛けストラップーアコギの立スタイル

  • 下のイラストはクラシックギターの正しい姿勢を表しています。
    クラシックギターの場合は左足を足台に乗せて演奏します。
    自分のあごの下にギターのサウンドホールがある感じですね。

ギターを構えた時の正しい姿勢

  • アコギの場合は右足を足台に乗せてギターのくぼみを右足の太ももに
    乗っけるスタイルです。【足を組む方もおりますよ】
    まあ、カッコよく見えますが長年クラシックギターのスタイルでやってきた
    ピラマには違和感があり、演奏しにくいです。
  • 慣れもあるかもしれませんが色々自分が演奏しやすいスタイルを
    見つけてみよう。
    右太ももにギターを乗せたスタイル

     右太ももにギターを乗せたスタイル

  • 正しい姿勢で練習すれば腰が疲れたり目が疲れたりしませんし
    のちのちの上達のスピードも加速するはずです。

  • 注意:特に初心者の場合はあぐらをかいてギターを弾いてしまいがちですが
    上達のさまたげになるばかりでなく腰や目を悪くする原因になります。

    ピラマはたまに一杯やりながらあぐらかいてギターで歌ったりしちゃいますが
    後から目や腰にくる負担はけっこうきついのでマネしないでくださいね。

あぐら書いてギターは疲れるよ!

あぐらかいてのギターは疲れるよ!

 

  • 椅子に座った正しい姿勢で練習しよう。
コードのFまだ取り組んでんの?姿勢が悪いのかも⁇

コードのFまだ取り組んでんの?姿勢が悪いのかも⁇

  • コードのFが押さえられなくて挫折するのはギターを構える姿勢に原因があります。
    もちろん、左手の握力にも原因はありますが正しい姿勢で練習すれば誰でも
    コードのFなんか克服できます。力んでもダメですよ。
    とにかく、演奏姿勢が肝心だと思います。


1-3電子ギターチューナーや音叉で音を合わせる

 

  • ギターの音合わせはとても重要です。電子ギターチューナーを使って音程を
    完璧に合わせよう。
色々なギターチューナー

色々なギターチューナー

 

 

 

 

 

  • 上の写真は、上からクリップ式チューナー、真ん中がエレキギター用チューナー
    下が音叉(机の角などを叩いて440Aの音をだす)

  • 初級~上級者まで2000円以内で買えるチューナーで充分に活用できます。
    ピラマが普段使っているのはお茶の水で購入した特売品のモーリス社製で
    1280円です。クリップ式でメトロノーム機能も内蔵。

  • 音叉、ピッチパイプもギターの音合わせに使えますが
    初心者ですと慣れるまでたいへんです。
    なにせ、音叉やパイプの音に合わせるのですからめんどいです。
    ピラマが初心者だった頃は音叉やピッチパイプしかなくて苦労したものです。
    今は電子チューナー(デジタル)なのでよい時代になりました。
    ちなみに、マニュアルでの音合わせは以下のような内容です。

    音叉を使ったギターチューニングの手順
      音叉を机の角などで叩いて440A(ラの音)を鳴らす
      鳴っている音をギターのボディーにあてるとウオオーンて
      ギターも鳴り出します。この音を以下の通り合わせます。

      

    1. ⑤弦の開放弦を音叉の440Aに音合わせする     (の音)
    2. ⑤弦の5フレットを押弦して④弦の開放弦と合わせる (の音) (
    3. ④弦の5フレットを押弦して③弦の開放弦と合わせる (の音)
    4. ③弦の4フレットを押弦して②弦の開放弦と合わせる (の音)
    5. ②弦の5フレットを押弦して①弦の開放弦と合わせる (の音)
    6. ⑥弦の5フレットを押弦して⑤弦の開放弦と合わせる 
      ⑥弦の開放弦が一番低いの音になる

    低音弦→高音弦【⑥弦から①弦まで】が
    ミーラーレーソーシーミ に音合わせができます。

    *他にもハーモニックスを使った音合わせがありますが
       変則チューニング以外は⑤弦をA440(ラの音)に合わせるのが
     基本になります。
     
    余談ですがピラマはよく音叉を教室の机の角で叩いてから前歯にくわえて
    チューニングしてました。
    危ないですが耳の穴に差し込むワイルドな方法もありましたよ。(笑)

  • 下の写真はクリップ式チューナーをギターにとりつけたもの。
    クラッシックギターやアコースティックギターに取り組むなら
    クリップ式チューナーが断然おすすめです。
クリップ式チューナーをギターに着けた図

クリップ式チューナーをギターに着けた図

  • 今のギターチューナーは簡単に合わせられます。
    スイッチを入れて上から低音弦の⑥弦から高音弦の①弦を
    一本ずつ弾てモニターの針が真ん中にくればOKです。
    下の図のような感じですよ。
    5弦の開放A(ラ)が合った図

    5弦の開放A(ラ)を合わせたモニター図


    そう、ミラレソシミの英語表記がモニターに現れます。
    つまりE-A-D-G-B-Eってことです。

  • ギターは音程の狂いやすい楽器です。練習前や練習中も音合わせを
    しましょうね。 

1-4予備のギター弦と弦の交換

  • 練習しているうちにギター弦が傷んできますので
    交換用の弦を用意しておいた方が無難です。
    特にクラシックギター、アコースティックギターともに
    ⑥弦~③弦は黒ずんだり巻弦がほつれたりして指先に嫌な
    感じがしたら、交換の目安です。
    また、アコギのスチール弦は①弦が切れることが多いです。

  • 弦が黒ずんだりほつれたりしてきたら弦の交換をしましょうね。
    練習の頻度にもよりますがピラマの場合は⑥弦~④弦は三か月に一回交換しています。
    弦はワンセット+バラの⑥弦~④弦はくらいは買い置きしましょう。

   また、せっかく始めたギターなのに弦の交換がわからないとか
   面倒だから錆びた弦やほつれた弦のままで練習していても
   けっして良くありません。指先にほつれた巻弦が刺さったり
   錆びついたスチール弦で指先を切ったりします。
   何よりも傷んだ弦では音程や音のバランス、広がりが良くありません。

  • 1-1にも書きましたが、楽器屋さんのスタッフさんと仲良くしていれば
    色々と教えてくれますので、ギター弦の交換も自分で出来るまで
    教えてもらいましょう。頼めば有料でやってくれる楽器屋さんもあります。

  • 楽器屋さんが遠方で行く機会があまりないのであれば
    YouTube動画などでもギター弦の交換方法がたくさんアップされているので
    色々しらべて見てみよう。
    あえて、動画のリンクは張りませんがアコギのスチール弦やクラシックの
    ナイロン弦の変え方がたくさん出ています。

  • ちなみに、交換したてのギター弦は頻繁に音合わせをしないとなかなか
    音が安定しません。特にクラシックギターのナイロン弦は狂いまくりです。
    ピラマの今までの経験からみても毎日弾てても3~4日はしつこく音合わせが
    必要です。
    人前で演奏する発表会などの前には少なくとも一週間くらい前には弦の交換を
    済ませ弾くたびに音合わせした方が無難です。

1-5爪の手入れ用品:ネイル用やすりと爪磨き

  • ギターを弾くための爪の型と爪の長さの手入れは重要です。
    ギターは音が美しいことが命です。

   美しい音を奏でるには爪の手入れが欠かせません。

  • 左指の爪は出来るだけ深く切ります。
    指をギターの指板に対して立てるからです。

  • 右指は基本的には0.5ミリから1.0ミリ位に伸ばすのですが
    ギタリストによってかなり違いがあるのが実情です。

  • 練習しているうちに右指の自分に合った爪の長さと形を
    音の良さや弾きやすさで調整していくしかありません。

  • どんな爪の形に整えるの?爪の長さは?
    これは大変難しい問題です。

    100人のギタリストがいれば、全員の爪の個性があり全部
    形や爪の長さが違うからです。
    自分に合った弾きやすくて美しい音がでる爪は自分で探すしかありません。
    ピラマの右手の爪の形は指頭の形に合わせていてすこし短めの爪です。
ピラマの右指の爪です

ピラマの右指の爪です

  • 大事なのは美しい音色を出すために爪の手入れは一生付きまとうことです。

 

  • ここ数年、 ピラマは百均ショップの女性用ネイルコーナーの
    爪磨きとステンのやすりを活用してます。
    また、楽器屋さんでは爪磨きセットも置いてありますので
    色々自分で試してみることをおすすめします。
    ちなみに、ピラマがギターを始めた頃は細かい紙やすりとなめし革を活用
    して爪の手入れをしてました。

  • ステンの細かいやすりで爪の形状を整えてから爪磨きで
    ピカピカに磨きますよ。特に爪の裏側を念入りに。
爪とぎと爪磨き

ステンのやすりと爪磨き

 

  • 注意:爪切りのやすりはキレイに磨けませんのでやばいです。
       ガサガサした音で気持ち悪くてギターも嫌がりますよ。

  • ギターの弦を弾いていて爪が引っかかったり
    左指が押さえずらかったりしたら爪の手入れをしましょう。

2.ギターの勉強に便利なものは?

2-1ギター用のケース

 

  • 基本、家での練習ですとギターケースは不要ですが
    外出時にギターを運ぶときはケースに入れて運びましょう。
ギターとギターケース

ギターとギターケース

   背中にかついでもいいのですが「ギターをかついだ渡り鳥」か
   怪しい人に間違われてしまいます。(笑)

  • ギターを購入するときはケース付きか
    ケースを別に購入した方がベストです。

  • また、ケースカバーが有れば肩からかつぐことが出来て
    譜面なんかも一緒に持ち運べます。


2-2メトロノーム

 

  • メトロノームはリズム感を養う上でギターの練習に欠かせません。
  • お勧めはチューナー付きメトロノームです。
    今現在のチューナーはほとんどがメトロノームが
    内臓されていて便利ですよ。
    でも、メトロノームを練習で結構長い時間使うと電池切れが早いので
    電池を使わない昔ながらのゼンマイ式の物も良いかもしれません。
    ちなみに、今はゼンマイ式は安くても4千円以上します。

  • 音階(スケール)、分散和音(アルペジオ)などの練習時には
    メトロノームに合わせてリズム感を鍛えましよう。

  • メトロノームは速度調整の他にも4拍子、3拍子(ワルツ)
    2拍子(タンゴ)などにも対応しているので練習曲に合わせて利用できます。

2-3ギター用のスタンド

 

  • いつでも練習できるように、いつでも弾けるようにギターを置いておこう。

  • ピラマの場合はギター用のスタンドにいつも立てて置いてます。

  • 値段は安いもので千円位ですので用意しましょう。

  • ケースに大事にしまっていると練習が億劫になります。
    スタンドにたてておけばギターが『今日も私を弾いて!』って
    誘ってきます。
    練習しないわけにはいきません。
    とにかく、毎日ギターと触れ合うのも上達への近道です。
    ギタースタンドに立てたギター

    ギタースタンドに立てたギター

  • 注意:まだ小さなお子ちゃまがいるパパやママの場合は
    ギターは手の届かない所に置いてくださいね。最悪ギターで
    お子ちゃまが怪我をしたり、せっかく買ったギターが破壊されて
    しまいます。
    また、直射日光が当たる窓辺やエアコンの冷気や暖気が直接あたる
    場所や湿度の高い所は避けてくださいね。

3.今回の記事のまとめ

 

1.自分に合った弾きやすい、音程のしっかりしたギターを用意しよう。

 特に【フレット音痴なギター】に気をつけてくださいね。

2.正しい姿勢でギターを弾くためには譜面台、足台、椅子を用意しよう。
 どんな楽器でも演奏姿勢が決まってて型から入るのが楽器マスターの近道。

3.音程の狂いやすいギターには音程合わせのチューナーが絶対に必要です。
 練習のたびに必ず音合わせをしよう。

4.ギターの弦は傷みやすいので替えの弦を用意しておこう。
 楽器屋さんで弦交換を教えてもらおう。

 楽器屋さんまで遠くて不便な場合はYouTube動画などで
 弦張替えのやり方を見てみよう。

5.爪の手入れはおっくうがらずに必ずやりましよう。

 左指の爪は短く切る、右指の爪は0.5ミリ~1.0ミリ位に伸ばしますが
 美しい音を得るには人それぞれ違いがある。特に爪の形は演奏のしやすさや
 音色に大きく関係しますし、ギタリストによっても個性がある。

 自分に合った弾きやすくて美しい音色が出せる爪の長さや形は
 試行錯誤して見つけ出すしかありません。

6.ギターを持ち運ぶギターケースを用意した方がいいですが
 家での練習が先ずは第一優先なのでギターはギタースタンドに立てて
 いつでも弾けるように見える所にセットしましょう。

7.メトロノームは今後の練習でリズム感を養う上で必要です。
 チューナー付きメトロノームがお勧めです。

今回はここまでお付き合いくださいましてありがとうございました。
また、きてくださいね。    ピラマでした。

 

 

 

 

サイト記事作成者、ピラマにコメントください。

タイトルとURLをコピーしました